dog tongue

犬用のフィラリア予防薬の特徴は、5月から12月まで、定期的に投与をするという事です。大抵、月1回に予防薬を投与する事になります。また、動物病院で半年、もしくは1年間有効な注射をして貰うという方法もあります。また、月一タイプのフィラリア予防薬にもそれぞれ複数の種類があり、オーソドックスな錠剤タイプ、皮膚に直接付けるスポットタイプ、薬が苦手な犬でも手軽に摂取できるチュアブルタイプの三つがあります。スポットタイプのものは、同時にノミやダニの予防もできます。こちらもフィラリア予防薬と同じく効果期間は一ヶ月です。大切な愛犬をフィラリアから守る為にも、忘れないようにフィラリアの原因となる蚊が飛び始めてからいなくなるまでの期間中、しっかりと予防薬を投与しましょう。

フィラリア予防薬は、副作用が起こる確率はかなり低く、安全性は非常に高いです。但し、確率がかなり低いという事は、ゼロではないので、万が一に副作用が起きた際に、慌てずに対処ができるように、副作用を把握しておく事が大切です。主な副作用は、下痢、食欲不振、嘔吐、痙攣などとなっています。そもそもフィラリア予防薬は安全性が高い薬なので、重篤となる恐れはほぼないですが、念の為に、予防薬を投与した直後はできるだけ一緒にいてあげると良いです。ちなみに、チュアブルタイプは錠剤をどうしても飲まない犬に対しても有効な便利なタイプの予防薬ですが、値段は投与する犬の体重によって決定し、体重の重い犬ほど料金が高くなるので、体格の大きい犬などの場合は、想像以上の高料金になってしまう場合がありますので、その辺りは自分の財布と相談をする必要があります。